Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pha91855/eisai-minowa.com/public_html/blog/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pha91855/eisai-minowa.com/public_html/blog/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pha91855/eisai-minowa.com/public_html/blog/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pha91855/eisai-minowa.com/public_html/blog/wp-includes/post-template.php on line 284

荒川区荒川 三ノ輪エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 三ノ輪校】へお任せ下さい!

menu

荒川区荒川 三ノ輪エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 三ノ輪校】

アインシュタインのいたづら

アインシュタインもそれを体験しました。
5歳まで話すことができず、子どものころは学校の教師からバカだと言われていました。
大学受験でも失敗しています。
のちに物理学者になりましたが、大学時代、物理の成績は最低の1を取りました。
大学卒業後は、大学の助手になれず、保険外交員や臨時の代理教員、家庭教師をして生活していました。
最初の「特殊相対性理論」という博士論文は大学に受理されませんでした。
周囲の人たちから能力が認められず、長い間奇人と思われていました。
でも、このような中でいつもどこかから助けの手が伸べられてきました。
最後にはだれも相手にしなかった特殊相対性理論が、物理学者マックス・プランクの支持を得たことによって、次第に物理学界に受け入れられるようになっていきました。

アインシュタインには面白い逸話が残っています。
毎回同じ講演をしていてうんざりしたとき、ずっと付き添いをしていた運転手が「私は役者をやっていて、あなたの講演は一字一句覚えています。私と入れ替わりましょう」と提案し、面白がって、アインシュタインは一番後ろの席に座り、講演を聞いて役者の演技に舌を巻いた。
しかし、本当に舌を巻いたと感じたのはこの後だった。なぜならこのいたずらはしばらく上手くいっていたようだが、あるとき高名な学者が極めて高度な質問をした。
アインシュタインはばれたと思ったが、運転手は完全に落ち着き払って最後まで質問を聞いた。そして運転手は「あなたの質問は極めて簡単だ。私が答えるまでもないので後ろに座っている私の運転手に答えさせましょう」といってその場を乗り切ったからだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院 三ノ輪校 フェイスブック
英才個別学院 三ノ輪校 ツイッター
英才個別学院 三ノ輪校 YouTube チャンネル
英才個別学院 三ノ輪校 Google+